看護師が子育てや家庭と仕事を両立させるための「時短勤務」

MENU

看護師が子育てや家庭と仕事を両立させるための「時短勤務」

出産した後、子育てや家事との両立を希望するのであれば、時短勤務に対応している医療機関に転職をすべきです。しかしここでもう一つチェックすべきこととして、その医療機関におけるママさん看護師の割合がどの程度あるかを確認しておいてください。もしママさん看護師の数が多ければ、同僚も育児をしながら仕事をする環境を理解しているので伸び伸びと仕事ができます。

 

もしママさん看護師が少ないと、育児をしながら仕事をすることに対する理解に乏しいケースがあります。看護師はどうしてもハードな仕事になりがちなので、時短勤務をしている人が早めに仕事を切り上げると冷たい視線を浴びせることもあります。

 

そのような視線で見られ続けると、どうしても看護師にとって肩身の狭い思いをしてしまいます。その結果時短勤務ができても、職場の中で浮いてしまって結局仕事を辞めざるを得なくなります。ですからただ単に時短勤務の制度があるかどうかだけでなく、時短勤務に対して同僚の理解があるかどうかまで確認することです。