看護師が「時短勤務」で扶養に入るため押さえておきたいポイント

MENU

看護師が「時短勤務」で扶養に入るため押さえておきたいポイント

時短勤務をしているママさん看護師もいますが、その中には扶養家族になって節税対策をしている人もいます。この時年収がいくつかポイントとなる額がありますので注意をする必要があります。

 

まず年収が103万円が一つのラインです。もし103万円以下であれば、課税対象から外れます。しかし1円でも超えてしまうと所得税の課税対象になるので、時短勤務をする時には103万円の年収に対してどの程度になるかを確認すべきです。

 

もう一つのラインとなるのが、年収130万円のラインです。130万円未満となると健康保険の中でも被扶養者になるので保険料を一切納める必要がありません。しかし130万円を超えてくると、国民年金の保険料を支払わないといけません。年間10万円を超える負担が新たに加わることになりますので、時短勤務をする時にはどの程度の年収になるのかということも十分意識してみてください。ただし年収160万円を超えてくるとこれらのコストを支払っても130万円未満よりも実入りはよくなります。